ピロリ菌 PYLORI

ピロリ菌

ピロリ菌ピロリ菌はテレビのCMなどで1度は聞いたことがあるという方も多いかと思われますが、正式には「ヘリコバクター・ピロリ」と呼ばれる細菌で、胃内で生息する4ミクロン(4/1000mm)ほどの病原微生物のことです。

そもそも胃内は強い酸性環境下にあるので、どんな細菌も生きていくには過酷な状況です。しかし、ピロリ菌はウレアーゼという酵素を産生することで、胃の中に存在する尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、このアンモニアで胃酸を中和することで胃内での生息を可能にしているのです。

なお、このピロリ菌につきましては、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどの発症に関係しているとされ、除菌をすることでこれらの消化器疾患を発症する確率は下がると言われています。したがって、感染が確認されたら直ちに除菌の治療が行われます。

検査

当院では、ピロリ菌感染の有無の検査を行っています。検査方法としては、内視鏡を用いる方法と内視鏡を使用しない方法があります。当院では主に内視鏡によるピロリ菌検査を行っています。

内視鏡によるピロリ菌検査

同検査では内視鏡を用いて胃の組織を一部採取し、その組織を詳細に調べる検査になります。主に3つの方法があります。

培養法 採取した組織(ピロリ菌)を培養し、同菌が増えるかどうかを調べます。
迅速ウレアーゼ試験 ピロリ菌がもつとされる酵素(ウレアーゼ)のはたらきで作り出されるアンモニアの有無を調べることで、同菌感染の有無を調べる検査です。
組織鏡検法 採取した組織を染色して顕微鏡で観察することで、ピロリ菌の有無を調べます。

内視鏡を用いないピロリ菌検査

内視鏡を使用しないピロリ菌検査も主に3つの方法があります。

尿素呼気試験法 被検者の方が吐き出す息(呼気)を採取し、その中に含まれる二酸化炭素の量を調べることで、ピロリ菌感染の有無を調べる検査です。
抗体測定法 尿や血液を採取し、ピロリ菌に対する抗体の有無を調べる検査になります。
抗原測定法 糞便中のピロリ菌抗原の有無を調べる検査になります。