内科 INTERNAL

内科一覧

内科一覧一般内科全般を幅広く診療します。具体的には風邪をひいた、熱がある、急な腹痛、下痢、嘔吐や吐き気といった急性疾患から、アレルギー、アトピー、喘息、頭痛や便秘、不摂生な生活習慣が引き金となって起きる生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症など)といった慢性疾患まで対応します。

なお消化器に関連する疾患や症状に関しましては、当院長が日本消化器病学会認定の消化器病専門医でもありますので、詳細な検査(胃カメラ、大腸カメラなど)を行うなどして、診断をつけるようにします。このほか検査をしても原因がはっきりしない体調不良、いわゆる不定愁訴の方もご来院ください。

患者様に現れている症状などをつぶさに観察し、訴えなどもお聞きします。診察の結果、入院加療あるいは高度な医療技術が必要と医師が判断した場合は、当院と病診連携をしている病院や専門医療機関をご紹介します。

このような症状はご相談ください(例)

  • 発熱
  • 咳、鼻水、喉の痛み
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感
  • 急な体重の増減 など

内科の主な対象疾患

急性疾患

  • 風邪症候群
  • インフルエンザ
  • 咽頭炎
  • 扁桃炎
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)
  • 尿道・膀胱炎
  • 熱中症 など

慢性疾患

  • 生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症(痛風) など)
  • 貧血
  • 頭痛
  • 骨粗しょう症
  • 不眠症
  • アレルギー疾患(アトピー、花粉症、じんましん) など

生活習慣病

生活習慣病とは、日頃の不摂生な生活習慣が原因で引き起こされる慢性疾患を総称した呼び名です。予防するためには、食事療法や運動療法があり、当院はこれらの管理や日頃の習慣を見直すアドバイスもしています。ご関心のある方は一度ご相談ください。

糖尿病

血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高い状態が続く病気が糖尿病です。血糖値は食事をしたり糖分を含んだジュースを飲むなどして上昇しますが、通常なら膵臓から作られるホルモンの一種インスリンが分泌されることで、血糖値の数値は下がるようになります。インスリンの分泌が低下する又は効果が十分でないことで血糖値が上がります。

高血圧

高血圧には、原因が特定できない本態性高血圧と他の病気が原因の二次性高血圧に分けられますが、日本人の高血圧患者のうち9割近くが本態性高血圧です。ちなみに本態性では原因不特定となっていますが、遺伝的要因や肥満のほか、過食・偏食、飲酒、ストレス、運動不足、塩分の過剰摂取といった生活習慣が関係していると考えられています。

脂質異常症

LDL(悪玉)コレステロールやトリセグライトなどの中性脂肪が慢性的に高い状態、またはHDL(善玉)コレステロールが少ない状態が脂質異常症です。 脂質異常症と診断される際の具体的な数値は以下の通りです。

LDLコレステロール値 ≧ 140mg/dL
中性脂肪 ≧ 150mg/dL
HDLコレステロール値 < 40mg/dL