胃カメラ GASTRIC CAMERA

胃カメラ

胃カメラ食道、胃、十二指腸の粘膜などを直接観察することで病変・病状の早期発見を目的とした検査です。先端に小型カメラを搭載した細長いファイバースコープになります。当院では、鼻からの挿入(経鼻)と口からの挿入(経口)と両者選択可能となっています。希望に応じて安定剤の使用による、苦痛に配慮した検査も可能です。

同検査は日本消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡専門医である当院長が担当します。 当院の特徴として、同学会のガイドラインに準拠した内視鏡洗浄消毒による徹底した感染症対策、これまで培ってきた数々の内視鏡検査の経験で得られた丁寧な操作による検査を行ってまいります。これまで胃カメラを受けたことがないので心配という方も一切遠慮することなく、お気軽にご相談ください。

以下の症状がある方は胃カメラによる検査をお勧めします

  • みぞおちの周辺が痛む方や胸やけのある方
  • 喉または胸のつかえ感がある方
  • 吐き気
  • 吐血の症状がある方
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍を繰り返している方
  • 体重の急激な減少がある方
  • 胃がん・食道がんになった家族のいる方
  • 塩分を多くとる方
  • バリウムによる胃の検診で異常を指摘された など

当日の経鼻内視鏡の流れ

詳しくはこちら