健康診断 EXAMINATION

健康診断

健康診断生活習慣病などの疾患に罹患せず、健康的に長生きするには、定期的な健康診断が欠かせません。バランスの取れた食生活や適度な運動などのセルフケアももちろん重要なのですが、それでも疾病リスクをゼロにすることは出来ませんので、定期健診によって病気を早期発見し、早期治療に繋げていく必要があるのです。

当院では、労働安全衛生法に基づく雇入時の健診や定期健診、地方自治体の特定健診のほか、各種自費健診も受け付けております。お電話や電子メールにてお気軽にご相談ください。

雇入時の健康診断について

事業者は、常時使用する労働者に対し、下記の項目について、医師による健康診断を受けなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。

企業の定期健診について

事業者は、年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に下記項目の健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)

特定健診について

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、医療保険者(国保や協会けんぽ、健保組合、共済組合など)は、平成20年度より特定健康診査(特定健診)と特定保健指導を実施しています。

特定健診は、がんや心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクを減らし、メタボリックシンドロームを早期に発見するために行われています。さらに、この健診でメタボのリスクが高いと判定された方には、特定保健指導が行われます。

当クリニックは各種健診を受け付けています

当クリニックは、高齢者医療確保法に基づく特定健康診査(特定健診)と特定保健指導を実施しており、掛川市が行っている特定健診の実施医療機関でもあります。ご希望の方は、いつでもご受診ください。

掛川市の特定健診

掛川市の国民健康保険に加入している当年度で40歳から74歳の方が対象になります。ただし、お勤め先で健診を受診される方、国保人間ドックを受診される方、妊産婦(妊娠中または出産後1年以内)、病院・診療所に6か月以上継続して入院されている方などは対象外ですので、掛川市の健康医療課特定健診係までご連絡ください。

対象者の方には、受診票の通知が青色の封筒で届きますので、健診実施医療機関(当クリニックなど)に通知書類をお持ちになって受診してください。有効期限は同年12月ですが、11月と12月は混雑が予想されますので、事前に医療機関にお問い合わせください。

自己負担金は、原則として1,200円です。但し、当年度3月末時点で40歳、50歳、60歳、70歳の節目年齢の方は無料で受けられます。検査項目は下記のとおりです。

検査項目

診察
身体計測(身長・体重・腹囲)
血圧測定
血液検査(脂質代謝・肝機能・血糖値・腎機能など)
尿検査(糖・蛋白)など

特定健診を受診される際にお持ちになるのは、国民健康保険被保険者証、受診票(青色の封筒に同封されています)、自己負担金(原則1,200円)、おくすり手帳またはかかりつけ手帳(持っている方のみ)です。

※健診の詳しい内容につきましては、掛川市の公式HPをご参照ください。

掛川市の各種がん検診

掛川市の胃がん検診

掛川市に住民登録している37歳以上の方が対象です(昭和57年4月1日以前に生まれた方)。検診を希望される方は、掛川市の健康医療課成人保健係までご連絡ください。なお、平成30年度に胃がん検診を受けられた方などは、事前連絡がなくても受診券(はがき)が送られます。

受診券(はがき)が届きましたら、はがきに記載されている胃がん検診日程を確認され、ご都合のつく検診日(会場)に、受診券をもってお越しください。その際に、自己負担金(原則1,100円ですが、75歳以上の方は無料)を受け付けでお支払いください。

検診内容は、問診と胃部レントゲン間接撮影(バリウム検査)となります。

掛川市の大腸がん検診

掛川市に住民登録している40歳以上の方が対象です(昭和54年4月1日以前に生まれた方)。健診を希望される方は、まず指定の検査容器(410円)を購入してください。販売場所は、掛川市医療センターや胃がん検診会場などです。

指定容器が届きましたら、2日分の便を採取し、掛川医療センター、大東支所、大須賀支所などに提出してください。その後、提出された便で潜血検査を行い、結果を通知いたします。

※がん検診の詳しい内容につきましては、掛川市の公式HPをご参照ください。