消化器内科 DIGESTIVEORGAN

消化器内科

消化器内科消化管は口腔から肛門まで1本の長い管を指します。消化器内科では食道から肛門、これらに付属する臓器である肝臓・胆のう・膵臓で起きる疾患が対象になります。状況に応じて、胃カメラや大腸カメラ、腹部超音波検査を行います。お困りの際はご相談下さい。

このような症状はご相談ください(例)

  • お腹の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 吐き気がする
  • 胸やけがする
  • 便秘がちである
  • 下痢を繰り返す
  • 血便が出た
  • 食欲が無い
  • 急に体重が減少した
  • 顔色が悪いと言われる など

消化器内科の主な対象疾患

  • 逆流性食道炎
  • 胃炎 
  • 十二指腸潰瘍 
  • ピロリ菌感染症 
  • 機能性消化管障害(機能性ディスペシア、過敏性腸症候群) 
  • 感染性胃腸炎 
  • 急性腸炎(虫垂炎、憩室炎、虚血性腸炎など) 
  • 便秘症 
  • 下痢症 
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • クローン病 
  • 潰瘍性大腸炎 
  • 肝炎 
  • 肝硬変 
  • 胆石 
  • 胆嚢炎 
  • 膵炎 
  • 大腸ポリープなど

逆流性食道炎

胃の中の消化途中の食物や胃液が何らかの原因で食道に逆流、それによって食道などの部位にびらん(粘膜のただれ)や潰瘍が生じる疾患のことを逆流性食道炎と言います。

そして、胸やけ、酸っぱい液体が口腔までこみ上げる、胸が締め付けられるような痛み、咳などの症状がみられるようになります。

なお逆流の原因としては、下部食道括約筋の緩み、胃酸の分泌が増えすぎて胃液が食道に逆流したといったケースが考えられます。ちなみに下部食道括約筋が緩む理由ですが、脂肪分の高い食事、カフェイン入り飲用の過剰摂取、喫煙・アルコール、ストレスといった日頃の生活習慣が影響すると言われています。

そのため、食後はすぐに横にならない、肥満は解消する、コーヒーやアルコールを控える、睡眠時は頭を高くして寝るといったことを行うようにします。これらで改善が難しければ、胃薬を使用するなど内服加療が必要となります。

胃・十二指腸潰瘍

胃酸によって主に胃や十二指腸の粘膜に傷がつき、発症します。胃粘膜などのコーティングが壊れたことで、胃と十二指腸に潰瘍が生じることを消化性潰瘍とも呼びます。

発症すると、みぞおちの痛み、吐き気・吐血がみられるほか、さらに進行すると潰瘍からの出血、胃や十二指腸に穴が開いてしまうこともあります。

主な原因としては、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)に感染していることが考えられますが、そのほかにも飲酒・喫煙、ストレス、痛み止めの薬(NSAIDs)の度重なる使用といったことも考えられます。

内視鏡(胃カメラ)を用いて胃・十二指腸の状態を確認することで診断を行います。ピロリ菌感染が原因となることがあり、ピロリ菌が存在する場合は、除菌治療となります。

炎症性腸疾患

小腸や大腸など腸の器官の粘膜で引き起こされる炎症や潰瘍といった疾患については総称して炎症性腸疾患と言います。

クローン病

10代後半から20代の世代に発症する方が多いのが特徴で、腸に限定されず消化管であればどこの部位でも炎症は起きますが、小腸や大腸によく現れます。原因は不明ですが、遺伝的要因や環境的要因などから免疫機能に異常が起きることで発症するといったことが考えられています。主な症状は腹痛、下痢、発熱、体重減少、全身倦怠感などです。病状に応じて専門的な治療を必要となることが多いです。

潰瘍性大腸炎

主に大腸粘膜で起きる(直腸を中心にひどい場合は全大腸に炎症が起きることも)原因不明のびらんや潰瘍の症状が起きる疾患で、慢性的に炎症と寛解を繰り返すようになります。腹痛、下痢、粘血便、発熱、体重減少などが続く場合は要注意です。